グループ授業は絶対に必要です!

グループ授業は絶対に必要です!

フィリピン留学の魅力はマンツーマンレッスンです。
先生とマンツーマンのため、密度の高い授業を受けられるのが魅力です。

ただマンツーマンレッスンだけというのは良くありません。
必ずグループレッスンも取るようにしてください。

その理由を解説します。

⑴ 英会話に必要な持つべき2つの勇気、話すことと聞かれること

英会話の学習と考えると、どうしても話すことに意識が行きがちです。確かに普段話す機会はありませんし、話すこともできません。そうした観点ではみれば話すことは大事です。しかしもう一つ大事なことがあります。

それは聞かれることです。

みなさん、ご自分の英語を下手だと思っています。
だから聞かれたくありません。
友達がいるところで、下手と思っている自分の英語を聞かれたいはずがありません。

しかし、聞かれることが嫌ということは話さないということになるため、聞かれることに慣れない限りは英語が話せるようにならないのです。

IMG_0466
 

⑵ 聞かれることに慣れることはEOPは適切ではない

ではEOP(イングリッシュオンリーポリシー*英語だけしか話してはいけないルール)は適切かというと、これは初級の皆さんには適切ではありません。なぜなら、英語が苦手なみなさんが英語で話しても、何が合っている、合っていないのかがわからないため、変な癖がつくことも少なくないからです。

EOPは英語がそれなりにできるみなさんがやることで初めて機能します。

IMG_0061
 

⑶ グループレッスンで聞かれることに慣れる

現状において英語を聞かれることにはグループクラスが最適です。

みなさんの同期やグループクラスの皆さんは同じレベルで基本的に構成されます。
また先生もそこに同席するため、修正してくれる人もいます。

こうした環境に長時間慣れることで、英語に聞かれることに慣れ、それが英語を口から出す抵抗がなくなることにつながります。
フィリピン留学をする際はグループクラスを必ず取るようにしましょう。